判例・事例研究会

大学院の学費、留学費用等が特別受益と認められなかった事例(名古屋高決令和元年5月17日 判例時報2445号35頁)

判例・事例研究会

  2021年7月 弁護士 権田 健一郎 【事案の概要】 X及びY1は亡AとY2との間の子であり、Y3は亡Aと前妻との間の子である。 亡Aが死亡し、相続が開始した。XがYらに対し亡Aの遺産分割を求めて申し立てた調停が不成・・・

両親に指示して幼年の被害者にインスリンを投与させず死亡させた者に殺人罪の間接正犯及び共同正犯が成立するとした判例(最決令和2年8月24日刑集74巻5号517頁)

判例・事例研究会

2021年5月 弁護士 権田 健一郎 【事案の概要】 ① 被害者Ⅴ(当時7歳)は、平成26年11月、難治性疾患である1型糖尿病と診断された。1型糖尿病の患者は、インスリンを摂取しなければ死に至る。 ② 退院後、両親はⅤに・・・

婚姻費用支払義務者が、年金受給資格を有しているにもかかわらず、その意思で受給していない場合に、これを考慮することができるか(積極)  東京高決令和元年12月19日判例時報2471号68頁

判例・事例研究会

令和3年4月  弁護士 平栗 丈嗣 【事案の概要】 本件は、夫である相手方(原審申立人X)が、妻である抗告人(原審相手方Y)に対し、前件調停で合意された婚姻費用の分担額の減額を求めた事案である。 ⑴ 平成16年10月  ・・・

滞納処分による差押がなされた後に設定された賃借権は買受人に対抗することができるとした判例(最高裁平成30年4月17日決定)

判例・事例研究会

令和3年3月  弁護士 権田 健一郎 【事案の概要】 1 本件建物の所有者Zを債務者とする抵当権が、平成23年9月、本件建物に設定され、その旨の登記がされた。 2 本件建物について滞納処分による差押えが平成24年5月にさ・・・

未成年者の祖母が、未成年者の母及び養父に対し、未成年者を事実上監護する祖母として、未成年者の監護者指定を求めることができるか(積極)  大阪高決令和2年1月16日判例タイムズ1479号51頁

判例・事例研究会

令和3年2月  弁護士 平栗 丈嗣 【事案の概要】 本件は、未成年者の祖母である相手方が、未成年者の母である抗告人A及び養父である抗告人Bを相手として、未成年者の監護者を相手方と定めることを求める事案である。 ⑴ 母親A・・・

相続財産管理人と死亡保険金

判例・事例研究会

令和3年3月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 A=被相続人=妻 B=夫 C=AとBの子 D=Bの妹 生命保険① ・契約者=A     …保険の名義人。保険料の支払いもしている。 ・被保険者=A    …被保険者が死・・・

敷金返還債務(=金銭債務)について相続が生じた場合に、 相続人が当然に分割承継するのか(消極)  大阪高判令和元年12月26日判例時報2460号71頁

判例・事例研究会

令和3年1月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 ⑴ 本件建物はA及びBの共有であったところ、平成元年12月8日、A及びBを賃貸人、X社を賃借人として、建物賃貸借契約が締結された。 XはAに対し、XのAに対する貸付金の・・・

タクシー会社の割増賃金に関する事例 最三小判平成29年2月28日最高裁判所裁判集民事255号1頁、最二小判令和2年3月30日裁判所時報1745号12頁 他

判例・事例研究会

令和2年11月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 上告人Xらは、被上告人国際自動車株式会社(以下、「Y社」とする。)に雇用され、タクシーの乗務員として勤務していた。 Y社の就業規則の一部であるタクシー乗務員賃金規則(・・・

被用者が使用者の事業の執行について第三者に損害を加え,その損害を賠償した場合には,被用者は使用者に対して相当と認められる額を求償することができるものとされた事例(最二小判令和2年2月28日裁判所時報1742号7頁)

判例・事例研究会

令和2年9月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 ⑴ Xは,貨物運送を業とするY社に雇用されていたトラック運転手である。   Y社はその事業に使用する車両全てについて自動車保険契約等を締結していなかった。 ⑵ Xは,平・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約