判例・事例研究会(2 / 3ページ目)

他者の投稿(元ツイート)を引用する形式でされた投稿(リツイート)が名誉棄損に該当するとして、リツイート者に不法行為責任が認められた事例 (大阪地判令和元年9月12日判時2434号41頁)

判例・事例研究会

令和2年6月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 訴外Aは、ツイッターにおいて、Xの名誉を棄損する投稿(ツイート)を行った(以下、この投稿を「本件元ツイート」とする。)。 ※本件では、リツイートされた本件元ツイートの内・・・

債権執行における差押による請求債権の消滅時効の中断の効力が生ずるためには、その債務者が当該差押えを了知し得る状態に置かれることを要しないとした事例 (最一小判令和元年9月19日民集73巻4号438頁)

判例・事例研究会

令和2年5月  弁護士 木村 綾菜 【事案の概要】 ⑴ 金銭消費貸借契約公正証書  平成12年8月22日、X・Yは、金銭消費貸借契約公正証書を作成した。  (内容要旨)   ・Yは、平成12年4月17日、Xに対し、336・・・

雇用契約において時間外労働等の対価とされていた定額の手当の支払により労働基準法37条の割増賃金が支払われたということができないとした原審の判断に違法があるとされた事例(最高裁平成30年7月19日判決)

判例・事例研究会

令和元年12月 弁護士 赤木 誠治 第1 事案の概要  1 当事者 X(原告)…従業員(薬剤師)としてYにて勤務していた。 Y(被告)…保険調剤薬局の運営を主たる業務とする株式会社。  2 時系列 平成24年11月10日・・・

共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡は、一部の場合を除き、上記譲渡をした者の相続において、民法903条1項に規定する「贈与」にあたるとされた事例(最高裁平成30年10月19日判決)

判例・事例研究会

令和元年11月 弁護士 赤木 誠治 第1 事案の概要  1 当事者 亡Aと亡Bが夫婦 X、Y、C、Dが亡Aと亡Bの子  2 時系列 平成20年12月 亡B死亡 →法定相続人は、亡A、X、Y、C、Dの5名 →亡AおよびDは・・・

名義貸与の依頼を承諾して自動車の名義上の所有者兼使用者となった者が、自賠法3条にいう運行供用者にあたるとされた事例(最高裁平成30年12月17日判決)

判例・事例研究会

令和元年10月 弁護士 赤木 誠治 第1 事案の概要  1 当事者 X1およびX2…本件事故の被害者 Y…本件自動車の名義上の所有者兼使用者 A…Yの兄、本件事故の加害者  2 時系列 平成22年10月 Aが生活保護を受・・・

相続財産についての情報が、当該相続財産を取得した相続人等に関するものとして、「個人に関する情報」に当たるということはできないとされた事例(最高裁第1小法廷平成31年3月18日判決)

判例・事例研究会

令和元年9月 弁護士 赤木 誠治 第1 事案の概要  1 当事者 X…亡Zの相続人 Y…Zが生前に預金口座を開設していた銀行 Z…Xの母であり、被相続人  2 時系列 平成15年8月29日 ZがY銀行に本件預金口座を開設・・・

親会社が,自社及び子会社等のグループ会社における法令遵守体制を整備し,法令等の遵守に関する相談窓口を設け,現に相談への対応を行っていた場合において,親会社が子会社の従業員による相談の申出の際に求められた対応をしなかったことをもって,信義則上の義務違反があったとはいえないとされた事例

判例・事例研究会

令和元年8月 弁護士 赤木 誠治 最高裁第1小法廷平成30年2月15日判決 第1 事案の概要  1 当事者 X…原告,Y社の子会社である甲社の契約社員として,Y社の事業場内で就労 Y…被告,甲社および乙社の親会社 「法令・・・

夫婦の一方が、他方と不貞行為に及んだ第三者に対し、不法行為に基づき離婚に伴う慰謝料を請求することができるか。

判例・事例研究会

令和元年7月 担当 弁護士 相川一ゑ 最高裁平成31年2月19日判決 夫婦の一方が、他方と不貞行為に及んだ第三者に対し、不法行為に基づき離婚に伴う慰謝料を請求することができるかにつき、「特段の事情がない限り請求することが・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約