不倫慰謝料に強い法律事務所
不倫慰謝料弁護士バナー

不倫問題でお悩みの方へ

不倫慰謝料弁護士バナー
■パートナーの不倫相手に内容証明郵便を送りたい。
■探偵の報告書があるが、慰謝料請求できるか知りたい。
■パートナーの不倫相手に慰謝料請求がしたい。
など、不倫慰謝料の問題で弁護士をお探しの方

不倫慰謝料の相談は無料(初回30分まで無料、以降15分毎に2,000円ずつかかります)です。どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

法律相談

まずはお気軽に、私達グリーンリーフ法律事務所まで、その悩みをお持ち下さい。
私達は、親身になってお話を聞かせて頂くことを心掛けています。その上で、法律の専門家として、あなたの悩みを解決する方法をお話しさせて頂きます。
もちろん、ご相談いただいた内容は、弁護士以外に知られることはありません。
あなたの場合にどうすればベターなのか、一緒に考えていきましょう。

不倫慰謝料弁護の特徴

グリーンリーフ法律事務所では不倫慰謝料相談の専門サイトをご用意しています。
詳しくは下記のボタンをクリックしてください。

埼玉の弁護士による不倫慰謝料請求の無料相談


不貞慰謝料請求の流れ

不貞慰謝料を請求するための流れは、おおまかにいって次のようになります。

ステップ1【証拠の精査】
不貞行為の当事者は、いざ慰謝料を請求しようとすると、不貞行為などなかったと言い張るかもしれません。そうなった場合、不貞行為が確かにあったことを証拠によって証明していく必要があります。あなたの手元には、そのために使える証拠として何が、どれくらいありますか。まずは、弁護士と一緒に証拠を確認しましょう。

ステップ2【請求相手・金額を決める】
配偶者と不倫相手の両方に対して請求するのが一般的ですが、配偶者のみ、または不倫相手のみを相手とすることも可能です。請求する慰謝料の金額についても、ケースごとに弁護士がアドバイスして決めていきます。

ステップ3【請求する】
まずは内容証明郵便を送り、弁護士を代理人として交渉するのが通常です。交渉がまとまれば、内容を公正証書などの書面に残します。交渉が決裂した場合には、慰謝料請求の裁判を提起します。裁判の結果、慰謝料として○○円を支払えという判決が言い渡されます。

不貞慰謝料請求の相談は無料です。どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

法律相談

弁護士費用

不倫慰謝料請求の代理人として依頼する

着手金 報酬
交渉の場合 0円 ※ 回収額×16%+15万円
裁判(和解)の場合 請求額300万円以下の場合:請求額×8%
請求額300万円を超える場合:請求額×5%+9万円
※最低着手金20万円
経済的利益が300万円以下の場合:回収額×16%
経済的利益が300万円を超える場合:回収額×10%+18万円
※最低報酬金10万円

※相手方からの回収が難しい事情が明らかである場合、慰謝料請求以外の請求を加味する場合等については、別途、着手金をいただく場合があります。
※相手方が明白に不貞行為を拒絶した場合、または、弁護士が受任通知を送付後1か月以上何らの返答がなく返答が期待できない場合には、原則として交渉事件を終了し、訴訟事件への移行を検討することになります。

最後に

不貞慰謝料問題でお困りの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。
ご相談後、ご希望がある場合は、弁護士費用のお見積書をお出しさせていただきます。当事務所にご依頼いただけるかどうかは、お見積書を検討してご判断ください。

詳しくは下記の「埼玉の弁護士による不倫慰謝料請求の無料相談」の専門サイトをご覧ください。

埼玉の弁護士による不倫慰謝料請求の無料相談