「法律事務所こぼれ話」の記事一覧

弁護士の愛読書? ~六法の話

法律事務所こぼれ話

弁護士が小脇に抱えて持っている難しい本、そんなイメージがある「六法」とはいったいどんなものなのでしょうか。  俗に六法とは、憲法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法のことを指します。しかし六法全書でいえば、6の法律・・・

ヤミ金融

法律事務所こぼれ話

「出資法」や「貸金業法」に違反して貸金業を営んでいる業者などのことを、「ヤミ金融」とも言います。 年間1000%近い、あるいはそれを超えるような高金利でお金を貸し付ける業者が典型例ですが、最近では、貸金業の登録をして「ヤ・・・

借りていいの?

法律事務所こぼれ話

 債務整理のご相談にいらし方が、「もう少し早く相談にくればよかった。」とよく言われます。随分悩まれて、借金の返済も、気持ちも、もう限界まで来て事務所にいらっしゃる方が多いのかもしれません。弁護士と相談しながら、この重く苦・・・

弁護士ってえらいの?

法律事務所こぼれ話

 私が、法務スタッフとして、法律事務所に勤めるようになって丸8年経ちました。法律事務所に勤めるまでは身近に弁護士がいなかったので、漠然と弁護士って、「頭がよくって」「お金持っていて」「正義の味方で」「ベンツに乗っていそう・・・

遺言はお早めに

法律事務所こぼれ話

「もし、自分が死んだら・・」あまり考えたくないお話ではありますが、誰もが一度はふと考える問題なのかも知れません。 「親の財産は多かれ少なかれ、子供である自分が相続することになる」、当然、Aさんもそう考えていました。そんな・・・

ページの先頭へ