契約書チェック

■ 取引先から契約書の文案を示されたが、自社にとって不利な点があるのか分からない。
■ 契約書の内容を、メールで迅速にチェックして欲しい。
■ 取引先とトラブルが発生したが、契約書からはどのように考えることになるのか。

など、契約書チェックで弁護士をお探しの方。

取引先とトラブルが発生した場合、そのトラブルをどう解決するかは、まず第一に、取引先との契約書の内容がどのようになっているかによります。
契約書の内容によって、自社に不利になったり有利になったりするのですから、契約書をもう一度よく読み返してみることが大切です。

ただ、自社に不利な契約を締結してしまっていれば、いくら読み返しても不利な結論にしかならないので、より大切なのは、契約を締結する前に、契約書の内容をきちんとチェックし、自社に不利な点、有利な点を把握することです。
その上で、不利な点の訂正を取引先に要求することになりますし、あるいは取引先との力関係によっては、どうしても譲れない不利な点は訂正を要求するが、そうでない点は、不利と承知しつつも契約をするということもあろうかと思います。

契約書チェックにおける弁護士の関与

契約書というものは、法律が分かっていないと条文の意味がよく分かりませんし、また、紛争解決の経験がなかったり、契約書を読むのに慣れていないと、どの条文が自社にとって不利なのかも分かりません。

この点、弁護士は法律の専門家ですし、紛争解決を日常的に経験しており、また、契約書にも慣れているので、その契約書のどの部分が不利で、どの部分が有利かを判断することが可能です。

当事務所と顧問契約を締結していただいた場合、メール・ファックスで契約書(案)をお送りいただければ、24時間以内に検討結果を回答させていただきます。

詳しくは下記の「埼玉の弁護士による中小企業のための法律相談(契約書チェック)」のページをご覧ください。

埼玉の弁護士による中小企業のための法律相談(契約書チェック)

0120-25-4631
埼玉の司法修習生採用情報
 

このページの先頭へ