1 給料とボーナス

グリーンリーフ法律事務所は収支共同の事務所なので、収入は事務所にプールし、そこから各弁護士に対し、毎月の給料と年2回のボーナスを支払います。ただし、自治体・弁護士会で行った法律相談料、原稿料、講演料などについては、各弁護士の収入になります。

給料は、1年目は35万円、2年目以降はずっと40万円で、増減することはありません。つまり、月40万円の給料はずっと保証されます。

ボーナスは、1年目、2年目については、1回のボーナスについて40万円が保証されます。その後は、売上、事務所に対する貢献度などによって決まり、1回のボーナスについて500万円前後のこともあれば100万円前後のこともあります。大きな事件が終了した後は、もっと高額になることもありますが、人によって、あるいは担当した事件の内容によって様々です。

売上、事務所に対する貢献度などによってボーナスを決めるのは、下記の理由からです。

※ 弁護士の中にも、たくさん仕事をして、ボーナスをたくさんもらいたいという人と、仕事はある程度にし、弁護士会の活動をしたい、自分の時間を大切にしたいという人がいます。売上げが多い人と少ない人が同じボーナスでは、前者の弁護士のやる気がなくなります。また、ボーナスの額が、売上・貢献度などに応じて違うのであれば、後者の弁護士も、前者の弁護士に気兼ねすることなく、弁護士会の活動ができますし、自分の家族・趣味のために時間を使うことができます。つまり、ボーナスの額を、売上・貢献度などに応じて決めることによって、弁護士の様々なライフスタイルに応えることができます。

2 弁護士会費

弁護士会費は全額事務所が負担します。

3 個人事件の受任

個人として事件を受任することはできません。当事務所は、給料制、ボーナス制だからです。依頼者が、ある特定の弁護士を指名してきた場合、その弁護士が事件を受任することがほとんどですが、着手金・報酬金などは事務所の収入となり、事務所から給料、ボーナスを受け取ることになります。

4 出勤退勤、休み

裁判などがない日は、遅くても朝10時までに出勤していただきます。いつ帰るかは、各弁護士の判断に任されています。

8月13日、14日、15日がお盆休み。12月29日~1月4日までが正月休みになります。

土曜日日曜日は原則として休みですが、土日相談を行っている関係で、月に1回程度、土曜日または日曜日に出勤する必要があります。

5 その他

① 日本弁護士連合会・埼玉弁護士会の登録料・入会金・印紙代は全額事務所負担

② 産前産後休業・育児休暇あり。

③ 健康診断受診費について、年3万円まで事務所負担。

④ 厚生年金加入

⑤ 中小企業退職金共済制度加入

⑥ 弁護士賠償責任保険加入

⑦ 年間10万円の限度で自己啓発費の支給制度あり。

⑧ 事務所旅行、暑気払い、忘年会あり。