新人弁護士の声

弁護士 小野塚 直毅(68期)(埼玉弁護士会所属)

P1270647-2※
皆さん、はじめまして。
グリーンリーフ法律事務所入所3年目の小野塚と申します。

まず私が言いたいのは、事務所の雰囲気です。風通しがよく、アットホームでとっても良い雰囲気です。心からそう断言できます。私自身、入所から現在に至るまで職場の人間関係等でストレスは全く感じていません。毎日楽しくお仕事をさせていただいています。

仕事で困ったことや分からないことがあったときには、すぐに相談にのってくれる心強くて優しいボス弁や兄弁、姉弁、スタッフさんたちがいます。お昼休みは、毎回弁護士同士みんなで外に食事に行きます。

また、ボス弁や兄弁、姉弁が残っていても帰りにくいという雰囲気はありません。グリーンリーフに入所して良かったと、心からそう思います。



弁護士 時田 剛志(68期)(埼玉弁護士会所属)

P1270656 - コピー
1 入所してみて思ったこと
グリーンリーフは法人のクライアントも多いため、ビジネスに係わる多様な法律問題に携わります。また、所員同士の仲がよく、ランチに一緒に行ったりして、悩みを分かち合いながら仕事ができると思います。

2 一年目の仕事とは
最初は先輩の法律相談に同席し、共同受任で経験を積みます。一方、刑事・少年事件や外部の法律相談は、最初から単独です。私は、事件の処理に悩みが生じた際には、複数の弁護士に相談し、アドバイスを頂いています。皆さん、嫌な顔一つせずに応じてくれます。

3 弁護士会の活動
私は、委員会活動を通じて、子どもの権利や環境問題に取り組んでいます。他の事務所の弁護士と共同で依頼を受けることもあります。グリーンリーフは、「やりたいこと」を自由にできる事務所です。

4 事務所の考え方
分野毎に専門チームを編成するなど、事務所全体として、リーガルサービスの質の向上を目指しています。クライアントに安心と満足を与えられるよう、一緒に頑張りましょう




弁護士 池田味佐(70期)(埼玉弁護士会所属)


入所一年目の池田味佐と申します。
私はグリーンリーフ法律事務所の教育体制や理念に共感し、応募しました。
グリーンリーフ法律事務所に入所してとても良かったと実感しております。

グリーンリーフ法律事務所の良いところは、①メンター制度が導入されていること ②先輩弁護士との共同受任であること ③何でも話せるアットホームな関係性です。

①メンター制度が導入されており、何でも話せる先輩弁護士がいます。
弁護士一年目は、書面の記載一つであっても運用がわからないなど、何をどの程度、どう行うかという些細なことで疑問に思うことがあります。そんな小さな事であってもメンターの先生には聞くことができます。
仕事の進め方はもちろん、プライベートなことであっても相談ができることは、突然の実務に対する大きな味方です。

②一年目はほとんどすべての事件が共同受任です。共同受任の良いところは、先輩方の法律相談の仕方、事件の進め方を見て学べるということです。
また、作成した書面の添削をしていただけるので、書面作成の注意点などを学べます。また、お忙しい中でも先輩たちは嫌がることなく、添削や考え方などのアドバイスをしてくれます。
経験が必要なこの仕事にとっては、先輩のアドバイスは貴重なものですので、どんどん質問し、学んで一日でも早く一人でできる仕事を増やしていきたいという意欲がでてきます。

③人とのつながりが大切なこの仕事は、円滑な人間関係が仕事を続けていく上で必要になると思います。
グリーンリーフ法律事務所は、弁護士同士はもちろんのこと、法務スタッフさん、事務スタッフさんともとても仲が良いです。そのため、少しでも疑問があるときはそこで悩まずすぐに相談をすることができる環境にあります。みんなが受け入れてくれるから安心して仕事ができます。また、自分自身質問をされることもありますので、そのときは自分もしっかりと答えるように学んでおきたい。そういう気持ちにさせてくれます。

この他にも、さまざまな会社の方から質問がくるので、司法試験や修習中では学ばなかった法律を学ぶことができますし、委員会活動なども自由に行うことができます。学ぶことが好きな方にとっては本当に良い環境が待っています。




このページの先頭へ