スーザン・バークレー作の「わすれられないおくりもの」という絵本は,大人が読んでも,死を悼む哀しさの中に,温かい涙があることを感じさせる本です。  たいへん年をとったアナグマが,ある日死んでしまい,森の仲間は悲しみにくれ・・・